「三善晃先生の合唱作品を歌う会」

「三善晃先生の合唱作品を歌う会」は、雨森文也先生のご指導の下、三善晃先生の合唱曲を勉強し発表することを目的とした会です。

『三善晃先生の合唱作品を歌う会』会員募集のお知らせ

当会は、雨森文也先生の指揮・指導のもと、三善晃先生の合唱作品の練習に取り組み、発表することを目的とした会です。2017年7月から第Ⅲ期の活動を開始しています。参加の案内は2017/1/29の記事をご覧ください!

今年最後の練習

今年最後の練習は久しぶりに今期初めての堀江アルテで!役員含め迷われた方もいらしたようですが、、、(^^;;

部屋は少し狭いですがピアノとの距離が近くアンサンブル感を出しやすいと雨森先生お気に入りの場所です。

練習は今年最後という事で最初に今日は全部やります!と、雨森先生。(^^;;

まずは三月の新実先生レッスンに向けて「幼年連祷」を通し前回音が酔っていた「五柳五酒」へ。

5曲其々の詩の持ち味を活かした三善先生の音楽作りに向き合います。音の不確かさは本番までに各自でという事で、先生の解釈や平林先生からは1人飲みのうんちくまで飛び出して楽しい!

そして来月野間先生が来てくださるので二台ピアノの「田園に死す」。この歌集は寺山修司の映画「田園に死す」に通じるものがあり本番までには皆さん見ましょうという事に。二回見たメンバーが「寝た!」との事ですが、、(^^;;

午後はアンコール曲に「小さな目」を通し最後はこの会のテーマソングでもある「出会い」を。

この三善先生が最後に公の場に来られたコンサートの最後に歌われた曲。その時の様子を語られる雨森先生はいつも声を詰まらせ聞いてる私達の涙を誘います。クリスマスイブに皆さんとこの曲を歌えた事に感謝します。

来年も宜しくお願い致します。