「三善晃先生の合唱作品を歌う会」

「三善晃先生の合唱作品を歌う会」は、雨森文也先生のご指導の下、三善晃先生の合唱曲を勉強し発表することを目的とした会です。

『三善晃先生の合唱作品を歌う会』会員募集のお知らせ

当会は、雨森文也先生の指揮・指導のもと、三善晃先生の合唱作品の練習に取り組み、発表することを目的とした会です。2017年7月から第Ⅲ期の活動を開始しています。参加の案内は2017/1/29の記事をご覧ください!

第10回練習

f:id:miyoshi_chorus:20180422120905j:plain 新年度最初の練習は吹田サンクスホールにて。 関西では4月はコーラスめっせや合唱祭と行事が多くお休みの方が多かった中で東京、熊本、広島、徳島、岐阜と遠方からメンバーの参加が頼もしい練習となりました。ただテノールはこの日二人、、(^^;; という事で午前中は「小さな目」の中でテノールのディビジョンが少ない曲を選び、急遽アルトからの助っ人を送り練習を行いました。子供達の詩の解釈が先生方にメンバーそれぞれ意見が異なりそれによって歌い方も変わる、、奥が深いです。(^^;; これもこの会の醍醐味ですがなかなか前に進まず、、 午前中は結局この曲集の数曲で終わりました。 午後は野間先生をお迎えし、二台ピアノの「であい」 「田園に死す」、そしてアンコール曲の練習。 「であい」では今回も雨森先生は涙ぐまれ、、、(^^;; 何回歌ってもその度に新しい発見がある曲です。 「田園に死す」は今回は映画を見られた方が多かったせいもあったのでしょうか?寺山修司の独特の世界観が少しづつメンバーに浸透しまとまり、雨森先生に「良い曲だなぁ」とまで言っていただける様になりました。 勿論、平林先生と野間先生の素晴らしいピアノがあっての事ですが、、 次回は「小さな目」の残りの曲、五流五首、田園に死すの音が怪しい所(^^;;、やはり幼年連祷も、、という事でスケジュールいっぱいです!皆様どうか復習よろしくお願いします!