「三善晃先生の合唱作品を歌う会」

「三善晃先生の合唱作品を歌う会」は、雨森文也先生のご指導の下、三善晃先生の合唱曲を勉強し発表することを目的とした会です。

『三善晃先生の合唱作品を歌う会』会員募集のお知らせ

当会は、雨森文也先生の指揮・指導のもと、三善晃先生の合唱作品の練習に取り組み、発表することを目的とした会です。2017年7月から第Ⅲ期の活動を開始しています。参加の案内は2017/1/29の記事をご覧ください!

第13回練習

酷暑の三連休の中日、此花区民センターにて第13回の練習を行いました。

西日本豪雨の甚大な被害が出る中、当会には被災地から参加されてる会員もいらっしゃいます。幸いにも会員の方々には被害に遭われた方はいらっしゃらなかったようですか、知人等被害に遭われた方はいらっしゃるようで、今日も被災地のボランティアで休まれた会員もいらっしゃいました。

皆で歌える事に本当に感謝です。

さて今日は参加者も多く特に男性陣が充実!やっぱり皆揃うと良いですね!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

「小さな目」を中心に舞台でどの曲を選びどのような舞台にしていくかを打ち合わせながらの練習でした。なかなか楽しい企画で本番がとっても楽しみです。次回は合宿で野間先生がいらっしゃいますので「田園に死す」と復習と「五柳五酒」を通して今日の練習は終了!暑い中皆様よく頑張りました!

来月はお休みとなり次回は9月の合宿となります。合宿を充実させる為にも皆様復習よろしくお願い致します!(^^;;f:id:miyoshi_chorus:20180715104915j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180715104902j:plain

コンサートチラシ出来ました!(第12回練習)

f:id:miyoshi_chorus:20180617095147j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180617095124j:plain

梅雨時期の貴重な晴れ間の日曜日も私達は歌います!第12回の練習を本日堀江アルテにて行いました。

前回のやり残した分は???

本来役員が把握しておかねばならぬ所、平林先生がきちんと記録して下さりスムーズに練習開始!先生ありがとうございます!

午前は小さな目から6.7.8と幼年連祷のⅤを詳しく、テノールがなんと一人と言う状況でしたが平林先生に助っ人に入って頂き、、(^^;;

午後はメンバーもふえ五柳五酒全曲を。様々な酔っ払いに皆扮し先生にも「全曲見えて来たね〜〜」と嬉しいお言葉。でもばらばらで歌うと?マークが、、、(^^;;

最後は幼年連祷を通して歌い、色々と事故がありながらも終曲の最後が良かったそうで雨森先生は「不覚にもジーンと来た」だそうです。(^^;;

そして12月のコンサートチラシとチケット出来ました!!皆様是非是非お越し下さい!

そしてメンバーの皆様頑張って情宣しましょう!!!

第11回練習

風薫る5月、早いもので本番まであと半年あまり、第11回練習を堀江アルテで行いました。先ずは「幼年連祷」の復習からスタート。3月の新実先生のレッスンから新たに得られた解釈を皆で共有し、細かく練習していくと、、途中で午前の練習が終わりそうで最後は駆け足で、、、(^^;; 午後は先月途中までしかできなかった「小さな目」最初からすると途中で終わりそうなので今日は最後から。 パートバラバラで歌いましょう!との先生の指示があり、、ちょっと悲惨、、平林先生のガイドがとっても有り難かったです。でも全ては歌えず最後はパートの元の位置に戻り「出会い」を。 人数は少なかったのですがアンサンブル感が持てた良い練習でしたと雨森先生に言って頂き良かったです。 なんと今日は男声よりアルトが少なかった! コンサートのチラシ、合宿の案内と来月に間に合うよう役員一同頑張っております。 どうぞ皆様復習よろしくお願いいたします。 今月出来なかった「五柳五酒」に「小さな目」の残り来月の予定となります。 f:id:miyoshi_chorus:20180520114153j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180520114041j:plain

第10回練習

f:id:miyoshi_chorus:20180422120905j:plain 新年度最初の練習は吹田サンクスホールにて。 関西では4月はコーラスめっせや合唱祭と行事が多くお休みの方が多かった中で東京、熊本、広島、徳島、岐阜と遠方からメンバーの参加が頼もしい練習となりました。ただテノールはこの日二人、、(^^;; という事で午前中は「小さな目」の中でテノールのディビジョンが少ない曲を選び、急遽アルトからの助っ人を送り練習を行いました。子供達の詩の解釈が先生方にメンバーそれぞれ意見が異なりそれによって歌い方も変わる、、奥が深いです。(^^;; これもこの会の醍醐味ですがなかなか前に進まず、、 午前中は結局この曲集の数曲で終わりました。 午後は野間先生をお迎えし、二台ピアノの「であい」 「田園に死す」、そしてアンコール曲の練習。 「であい」では今回も雨森先生は涙ぐまれ、、、(^^;; 何回歌ってもその度に新しい発見がある曲です。 「田園に死す」は今回は映画を見られた方が多かったせいもあったのでしょうか?寺山修司の独特の世界観が少しづつメンバーに浸透しまとまり、雨森先生に「良い曲だなぁ」とまで言っていただける様になりました。 勿論、平林先生と野間先生の素晴らしいピアノがあっての事ですが、、 次回は「小さな目」の残りの曲、五流五首、田園に死すの音が怪しい所(^^;;、やはり幼年連祷も、、という事でスケジュールいっぱいです!皆様どうか復習よろしくお願いします!

第9回練習

f:id:miyoshi_chorus:20180318180819j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180318173654j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180318173624j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180318173601j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180318173544j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180318163628j:plain

今回は満を持しての新実先生レッスン。 先ずはそのダンディーなお姿で女性陣のハートを射抜き、、(*゚▽゚*) 一体先生の引き出しはどの位あるのだろう!と感嘆せずにはいられない充実したレッスンでした。 「幼年連祷」作曲当時のエピソードからこの作品の作詞家吉原幸子さんや三善先生のお話、ご自身の作品を丁寧に紐解いて私達にご教授してくだいました。 そしてこの作品のみならず先生のレッスンは多岐にわたり指揮者達の数々のエピソードから音楽、宇宙、生命の原理と哲学的な話まで。ウィットに富みユーモアも交え本当に楽しいレッスンでした。きっと会員一人一人の方が沢山の楽しい、面白いを持ち帰られた事と思います。 本当に新実先生ありがとうございました。 そしてこの様な機会を与えてくださった雨森先生ありがとうございました。 そして練習後は皆様お待ちかねの懇親会! 先生方交えて飲んで騒いで弾けた時間でした!! 次回からも頑張りましょう!

第8回練習

羽生、宇野選手の金銀独占、藤井五段の快挙に日本中が冷めやらぬ日曜日、堀江アルテにて第8回の練習がありました。(o^^o)

この日の予定は「五柳五酒」と「小さな目」でしたがやはり来月は新実先生をお迎えするので「幼年連祷」を一通りおさらいをという事で始めたました。これがなかなか終わらず、、、(^^;;

結局午後は「五柳五酒」を重点的にする事に!

毎回毎回音が酔っ払ってしまう私達を雨森先生が丁寧に指導して下さりいつになく音がはまってきたような、、(^^;; まだまだ練習が必要ですが少しづつ全体像が見えてきて嬉しい限りです!

この曲集の中にはコーラスとピアノの調が違う曲がありコーラスとピアノが音的に全然噛み合わない中に時々合うというフレーズがあります。

これを平林先生はプハーと表現!(^^;;

なんのプハーか皆さんわかりますね!

はい来月は練習後に新実先生迎えての楽しい懇親会です!多いに歌い、語り、飲みましょう!

完璧な「五柳五酒」を歌うためにも!!

(*゚▽゚*)f:id:miyoshi_chorus:20180218134908j:plainf:id:miyoshi_chorus:20180218134739j:plain

第7回練習

今年最初の練習は野間先生をお迎えして吹田サンクスホールにて。

2台ピアノのための「日本の四季」「田園に死す」「であい」を!

お二人のピアニストから紡ぎ出される素晴らしい演奏にただただ感嘆!

この素敵な演奏に応えるべく私達もしっかりと歌わねばと改めて感じました。

そして「田園死す」、毎回色々と資料を用意してくださる雨森先生ですが、今回は初演のピアニストの田中遥子先生が書かれた寄稿文と初演のOMPのメンバー達それぞれがこの難解な曲を理解しようと試みた冊子からの抜粋を紹介してくださいました。どれも自分だけでは絶対たどり着くことがない解釈に目から鱗

曲をより深く理解する事がこの会の醍醐味でもあると改めて感じた一日でした。

次回は相変わらず音程が酔っ払っている「五柳五酒」を重点的の練習することになりました。

皆様改めて譜読みの方よろしくお願いいたします。(^^;;